だいず館と写真ブログ


ようこそ!『だいず館』へ

初めての人も

『だいず』の事

ちょっとだけ気になる人も・・・


daizukan-photo-8054.jpg


ふと、庭先を見ると

四つ葉を発見・・・


『おとしゃん』は子供の頃から
四つ葉を見つけた事がありませんでした。

だけど
カメラを持つようになって
不思議と見つける事が多くなってきました。

つねに、周りを気にするように
なってきたということなのかな?



daizukan-photo-8209.jpg


『おとしゃん』が写真を撮る様になったのは
もちろん、『だいず』の写真を撮りたかったから。

デジタル一眼レフカメラを
手にした時に

これでやっと、『だいず』の写真が撮れると思った。

何も分らないくせに、
スゴイ写真を撮れる・・・と思ったんだよね。


daizukan-photo.jpg


実際、
望遠レンズで撮った写真は
見た事も無いような
『だいず』の表情を捉えていたし

背景ボケボケの写真は
新鮮でいて、まるで

自分のカメラの腕が
数段、上がったかのような錯覚に。

調子に乗って、ピンボケの写真を
バンバン、ブログにのっけました。



daizukan-photo-8098.jpg


ぼくがブログを始めるより

ずっと前に、

ある、写真ブログと出会った。


北海道に住むカメラマンのブログだった。


daizukan-photo-8096.jpg


多頭飼いの家で

ウエスティーとミニチュアダックス
チワワもいたかな?

真っ白な雪
抜けるような青空

魚眼レンズで
今まで見た事も無いような
構図・・・

センスのある
アクセサリーを身につけた犬達は
まるで、今にもしゃべりだしそうだった。


daizukan-photo-8106.jpg

当時、カメラの事など
何も分らなかった『おとしゃん』も

ブログの端に書いてある

『NIKON』という文字を見て
たいそうなカメラで撮られた物だという事だけは
理解した。

ぼくはそのブログを何度も見ました。
だけど、ぜんぜん更新されないんです。

一月に一回もされなかったんじゃないかな?


daizukan-photo-8170.jpg


だけどその分、写真をよく見たっけ。

ぼくの頭には、躍動感溢れる
その写真達が今でもあります。


daizukan-photo-8120.jpg


ぼくにも、あんな写真が撮れるのかな?

『だいず』の写真を
あんな風に撮る事ができるのかな?


daizukan-photo-8127.jpg


ぼくの写真の原点はそこにあるような気がします。


daizukan-photo-8180.jpg


中国拳法の修行に

『技を通す』

というものがあって、

見る事によって、憶える(記憶する)


daizukan-photo-8199.jpg 


最初は形だけ真似るしかない。

だけど、何十年も同じ技を繰り返していく内に
だんだんと、理(コトワリ)に近づいていける。

本当の技の意味が理解できるというもの。



daizukan-photo-8258.jpg


それに近いかもな~


daizukan-photo-8176.jpg


そのブログを紹介してほしい?

残念だけど、ぼく自身
憶えていないんだよ。

調べる事はたやすい事だけど

そうしたいとは思わないんだ。


daizukan-photo-8222.jpg


daizukan-photo-8225-2.jpg


記憶にある画が
一番大事な事だからね。


daizukan-photo-8202.jpg


daizukan-photo-8292.jpg


ぼくも、記憶に残るような

そんな写真を
撮っていきたいと思います。





『だいず』を応援してくれ!!
ランキングバナー2 
ペットブログランキング ワン!ニャン! スリー!



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

写真は難しいですよね
白レンズ買ってから、尚更そう思うようになりました
確かに綺麗でシャープな写真やいいボケ具合が出ている写真は撮れるようになったのですが・・・
何かが違うような気が・・・

前は犬しか撮っていなかったのに、他のものを撮りだしたからそう思うんですかね???

それともこだわりが強くなっただけなのか?

どちらにしても、写真は難しいです

No title

これからも時間が許す限りかわいいだいずくんを撮り続けてくださいねv-410

だいずくんもおとしゃんと一緒にお出かけ出来て楽しいよねv-342

kattsuman 様

自分も経験ありますよ。

機材の性能が上がってから・・・

F4Lを手に入れてから、何かが違う・・・って思いました。

写真って結局、カメラマンが撮るものなんですよね。
カメラ、レンズが良い写真を撮ってくれるわけじゃないんですよ。

数十万円もするレンズを購入すると
写真の幅が広がりますから、自分の中でもリミッターが外れるというか
技術以上のモノを求めだすんですよ。

撮りきれていない。それが答えだと思いました。
ファインダーを覗いて、自分の思い通りの画を撮れる様になる。
それが唯一の脱出方法だったです。

ぼくの場合は、50mm単焦点だけで数ヶ月過ごしたりとかしました。

とにかく、50mm固定ですので構図を考えないと不自由でたまりませんでしたね。
だけど、構図のアイデアだけはどんどん湧き上がってきましたから・・・

短くて取り回しも楽だし、寝転んでローアングルとか
生えてる草の陰から撮ったり(笑)木に登って葉っぱを前ボケに利用したり(爆)
とにかく、考えれる全ての事やったような覚えがあります。

F4L解禁になった時は、何でも撮れる様な気がしましたよ。
実際、テーブルフォトもF4Lで撮れましたから(笑)

画質、構図、腕(理解度)、全てのバランスがとれて
はじめて自分の納得できる画になるということじゃないでしょうか?

kattsumanさんの場合は、いわゆるスランプというものだと思います。
乗り越え方は人それぞれ・・・

自分の撮る写真に誇りをもって、楽しみながら、苦しみながら
乗り越えましょう!!



純子ママ 様

ありがとうございます。

『だいず』の撮影はすでにライフワークなので
『だいず』が嫌だ!と言うまでは続けていきます。(笑)

純子ちゃんもお出かけ好きですか?
ワンと過ごす時間は楽しいですからね。

それではまた!

プロ・・だと思っていました。

写真・・どれを見ても〔写真ブログのも〕プロの写真だとばかり思っていました。
ライフワークも、ここまでくるとプロも真っ青ですね。

ユーシン 様

プロ・・・ですか?

プロと呼ぶにはいささかスキル不足です~。(喜)

でも、先生にそう言っていただけると
うれしいですね。

『だいず』の為にもがんばらねば!!



Westy Party! オフィシャルサイト
ブログ村
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
プロフィール

だいず館

Author:だいず館
おとなしいけど
どんな事にも負けない強く、
勇敢な男の子。

普段はのんびり、癒し系だが
ライバルのクマに対しては、
驚くほどのスピードを誇る。

人気ブログランキング
blogram
ブログランキングならblogram
ブログランキングNO,1
秘密のだいず館
『おとしゃん』の 本気写真
DPP_5038.jpg 
フリーエリア
だいず館写真

PHOTOHITOブログパーツ

最新記事
過去の記事も楽んでってくれ!!
最新コメント
月別アーカイブ
来てくれてありがとう!
『だいず館』は癒やし館
blogram
Twitter
リンク
だいず館のおすすめ!の伊豆高原の宿
楽風雅殿
DPP_5038.jpg 
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
PV‐ランキング